社会が作り出したモンスターペイシェント

モンスターペイシェントとは、医療従事者へ理不尽な要求を行ったり、時と場合によっては暴力を振る人を現した言葉です。このような人が現れる原因として、社会や指摘している人が挙げられることもあります。モンスターペイシェントを行う人の特徴と言うのは、抑制力が無い・コミュニケーション能力が欠けていることなど挙げられます。近年は、子供を叱るのが良くないこととされ、子供に対して抑制力を学ばせずに育てしまう事例もあるのです。そして、そのように育てられてしまうと、モンスターペイシェントになってしまう可能性が高くなります。現代は少子高齢化時代でもあり、一人っ子の子供は兄弟関係で生じる抑制力を学ぶことが難しいのです。それも、原因の一つとして挙げられます。従来の子供たちは、近所のお兄さんやお姉さんと一緒に混じって遊び、さまざまなことを教えてもらうのが一般的でした。しかし、近年は個人で楽しめるゲーム機があるため、人とのコミュニケーション能力が欠けてしまう場合もあります。抑制力と言うのは古い考えであり、現代的な発想では無いと考える人もいますが、人の心身には抑制力という力が大切になる場面もあるのです。テクノロジーは、欲求を満たす物として進化をしてきました。しかし、テクノロジーの利用によって知らず知らずのうちに抑制力が失われたため、誰しもがモンスターペイシェントになる可能性があります。子供を育てるための過剰な暴力はよく無い行動ですが、逆に過剰な甘えも人の心身のバランスを崩すことがあり、十分注意が必要です。まずは、仕事で忙しくても子供と接する時間を少しでも多く作りましょう。

Leave a Reply