主張してくる患者への接し方

モンスターペイシェントは、自分や自分に関わる人のことに関心がありすぎるあまりに、その積極性が病的なものとしてとらえられてしまいがちです。本人には自覚症状がなく、主張すべき事実を主張しているだけであると考えていることが多くあります。医療従事者たちにとって、モンスターペイシェントは多くいる患者の中の一人でもあるので、特定の人だけをフォーカスしてはいられません。しかし、モンスターペイシェントは、それがわからなくなってしまっているのです。モンスターペイシェントは頻繁にナースコールを押して看護師を呼び出したり、時間を問わず質問を投げかけてきたりと積極性があります。そのため、医療従事者は時間を割かれて他の業務ができなくなってしまうため、病院全体にも良い影響を与えるとは言えません。もちろん、関心はないよりはあったほうがいいですが、しっかり話を聞くことでその都度安心させることができます。それによって病状悪化を防ぐことができたり、ちょっとした病状の変化に気が付きやすくなったりすることもあるので、悪いことばかりではないことも事実です。入院時や病気になったときは、何よりもメンタル面でのフォローが大事になってくるので、全てをモンスターペイシェントと決めつけてしまわないことも重要となります。且つ他の患者にとっても、時間と機会は平等に与えられなくてはならないことや急患などでいつも余裕があるとは限らないということも、しっかり説明して納得してもらうことが大切です。

Leave a Reply