モンスターペイシェントとはどんなものか

モンスターペイシェントとは、医療従事者あるいは医療機関に対して、自己中心的な要求をしたりするような患者です。暴言や暴力を繰り返したりすることもあります。患者だけでは無く、患者の家族に対しても使われることがある言葉です。看護師や医師・医療事務員として働いている人にとって、思い当たるフシがあるかもしれません。患者としても、病院に行くのは不安や心配事がたくさんあるでしょう。通常範囲内や常識的範囲内の意見やクレームであれば、問題は無いかもしれません。しかし、治療をして貰ったとしても、自分のイメージに適さない治療となった場合、激しく医療従事者や医療機関への攻撃を始めます。これが、社会問題化している訳です。医療業務だけでは無く、医療従事者の対応に対してクレームを言うケースもあります。ただのクレームだけであれば、まだましかもしれません。中には、訴えると言ったり危険なもので刺すなどの強迫行為や、土下座の強要をするような人間も存在しているのです。このようなモンスターペイシェントに対して、現状ではどのような対応をしているのでしょうか。まず問題が発生した場合、以後の診察を拒否する所も出てきています。さらに、違う病院へ転院をさせたり、警察にも通報する事態にもなっている例もあるようです。中には、ボタンを押すだけですぐに警察へ通報できるような非常装置を設置している病院も増えはじめました。ただ、医療従事者と患者という関係性も、対応を難しくしている原因となっています。精神科の場合は、クレームが障害によって引き起こされているのか・モンスターペイシェントとしての問題かという判断に苦しむようなこともでてきているのです。モンスターペイシェントの対策法→→→【http://monsterpatient-committee.com

Leave a Reply